読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎は珍スポット(良い意味で)

キャンプ行ったので、備忘録としてメモします。

■概要
都会の喧騒を離れ、自然の中で癒されたい…という事で
「日本一の星空」で有名な長野県阿智村「もみじ平キャンプ場」へ。

 

アウトドア経験ほぼ無しのメンバーだったが、ありがたい事に
今回のホスト役である”蛋白小僧®”ことフジ子くんが諸々準備してくれたお陰でスムーズに進行。

 

天候はあいにくの曇天で、肝心の星空は見えず。

星空は残念だったが、うまい飯と酒にありつく事ができ、まあまあ満足でした。

 

自然がテーマの旅だったが、
暗闇の森を歩くのは本当に怖くて、久しぶりに感覚が研ぎ澄まされた気がする。
長野は本当に山がちな所で、霧にけぶる山麓が連なるのを見ると「もののけ姫」の冒頭のシーンが脳裏に浮かぶ。

 

村といえば、中国の秘境「諸葛八卦村」を歩いた時が懐かしい。
こちらの常識が全く通用しない村人と対峙した時、僕は相手に狂気を感じた。
どうやら防衛反応として、相手に狂人のレッテルを貼ることで、人は感情を処理するらしい。

 

僕が珍スポットに求めるのは「緩やかな狂気」なんだけど、
「諸葛八卦村」では本気で身の危険を感じた点で、珍スポットの境界を体感するという
趣深い旅となった。

 

同じような恐怖は、手塚治虫奇子」や安部公房砂の女」でも感じた。

なぜか「諸葛八卦村」の話になったが、僕にとって田舎は珍スポットなんだと思う。
権力闘争でモメまくっている僻地の山村なんて面白すぎるし、夜這いの伝統、人柱の歴史が残る村も面白い。


理性的でいる事は疲れる事なのだ。

 

※僕は田んぼに囲まれたド田舎の出身で、田舎暮らしの良さや世知辛さが分かった上で書いてます。ただし、僕の地元が平地の田舎であるのに対し、山の田舎はまるで勝手が違うなと思いました。

※キャンプ道具類や食事などについて書こうと思いましたが、だるくなったのでまた今度。